hakunaisho.org

多焦点眼内レンズ

白内障手術は混濁の除去だけで無く、屈折や乱視の調整までも含めた視界の質の向上を問われる時代になって来ています。術後の生活の質(Quality of Life)が問われる時代に、患者さまのライフスタイルにあわせた選択をすることが大切です。

アクティブなライフスタイルを望む患者さまは、眼鏡に大きく依存しない高品質な視力を望まれる場合があります。

プレミアム眼内レンズと位置付けとして多焦点眼内レンズを扱う眼科も多くあります。 しかし、決して白内障手術後の見え方が「プレミアムによく見える」という意味では無く、近見時の見え方の補強としての新たな付加価値を提供しているにすぎません。

また、回折型多焦点眼内レンズではハロー・グレアが単焦点にくらべやや出やすい為、夜間の運転に不便を感じる可能性があります。

多焦点眼内レンズ(遠近 マルチフォーカル眼内レンズ)は、眼鏡依存度を減らし、患者さまの生活の質 (Quality of Life)を向上し、高い患者満足度をもたらす可能性があります。

単焦点眼内レンズの見え方の1例単焦点眼内レンズの見え方の1例 多焦点眼内レンズの見え方の1例多焦点眼内レンズの見え方の1例

先進医療と手術費用

先進医療とは、厚生労働大臣が医療技術ごとに定めた施設基準を満たす医療施設のみ行うことができる医療技術です。多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、厚生労働大臣から先進医療として承認されています。

手術費用に関しては、健康保険が適応されず、全額自己負担となりますが、実施医療機関として認定された医療機関で手術を受ける場合、手術費用以外(診察・検査・薬代など)に関しては健康保険が適応されます。

※実施医療機関として認定された医療機関以外で治療を受ける場合は、先進医療の適用にはなりません。

民間医療保険について

民間医療保険にご加入されている場合で先進医療対応の場合、先進医療に係る費用が全額給付になることもあります。詳細は、ご加入の保険会社にお問い合わせください。

高額療養費・医療控除

健康保険の「高額療養費」の対象にはなりませんが、確定申告時に医療費控除の対象になります。